現、万才町3−1にお住まいの、故
林要一郎氏のお姉様が描いてくだ
さった、外浦町の佐藤病院

トップ
さとう内科医院の歴史

 初代の佐藤内科病院は、長崎市外浦町44番地に私の祖父;佐藤光重が、明治42年
に創立しました。
 昭和15年からは、二代目;佐藤 昇が継承。昭和20年まで、50床の病床を持つ町中
の病院として存在しました。
 外浦町とは、聞きなれない方も多いでしょうが、現在の長崎県庁の正面、”精霊船”が
集まり、”くんち”のみこしや山車が通る大通りで、
昭和20年8月9日原爆落下の後、県庁
から出火し、この外浦町、裁判所、中島川西岸を焼き尽くした火災とともに、戦後の区画
整理で消滅した町です。(長崎市医師会報、昭和60年6月号35頁、原爆による診療所及び
住宅の罹災状況。長崎原爆戦災誌)
 現在も万才町にお住まいで、当時のことを知る、長崎史談会幹事だった故林要一郎氏
が、外浦町のたたずまいを、十八銀行発行の”ながさきの空;第十集、発刊10周年記念号
に、”外浦町の歴史・史跡と思い出”と題して詳しく書いておられます。
 私も、読ませていただいて自分のルーツを知ることが出来ました。 

 
コンニャクレンガと天草石 屋号のかたどられた瓦  鬼瓦にも屋号が
 昭和21年2月軍医として招集されていた父、昇は、佐藤家のもともとの出身地である、
長崎市西泊町66番地に内科医院を開業。
 西泊町には、古くから、女神番所とともに、貿易船を取り締まる"西泊番所”(海の
関所)があり、佐藤家は、貿易にかかわりを持っていました。そのときに建立された家は、
天草石作りの蔵をもち、防火のため、壁には”こんにゃくレンガ”を配した、日本家屋で、
その構造の珍しさから、1997年3月長崎県登録文化財に登録されました。

昭和33年9月昇は、西泊町から、現在地、城山町1丁目に転居。外来だけの、医院を開業。
この地で、20年間開業医を勤めました。昇が高齢となったため、私が、継承すべく、診療所を
昭和56年12月に、建築し始めた矢先の昭和57年1月昇が死去。
 ここからが、三代目の私、佐藤辰夫の出番となります。昭和57年9月20日、現在の、
さとう内科医院
は、19床の入院ベッドを持つ”有床診療所”として開業致しました。
 さらに、平成3年7月24日に、医療法人”宏友会”と法人化し、平成12年には、療養型
病床群として、CT室、リハビリ室
を備えて増築しました。リハビリテーションは、理療Uの
施設としてご利用いただきましたが、医療保険、介護保険の改定から、平成18年5月1日
”指定介護予防通所および、指定通所リハビリテーション”の施設、いわゆる「デイケア」
 にいたしました。
さらに、平成23年6月1日城山町18番19号に指定通所介護予防および、通所介護施設
”デイサービスセンター城山クラブ”を開設いたしました。
 平成28年7月31日介護療養型病床、短期入所療養介護を廃止。平成28年8月1日
医療療養型病床へ転換。